急な依頼にも対応

豊平区にある三吉神社

平岸天満宮に設置している

避雷針が根っこから倒れてしまい

専門外ですが依頼が来たようで^^;

根元で280Φの長さ11mの鉄柱

専門業者に見てもらったが

重機も入れられないし

ちょっとムリですとの事で

自分達でやってみました。

まずは塀壊れないように

内と外に足場を設置

鉄柱の中に補強材として

青森ヒバを三枚おろしの

貼り合わせで丸柱を作りました

出来るだけ遊びがないように

何度も計測して

隙間なく差込み出来ました

地中に1.5m地上に1.8m程の丸柱

ここからがなかなか大変でした

少しづつ足場を高くして

鉄柱を縦に起こし

更に足場を高くして

5人で2m程持ち上げて

差込み繋ぎ目には

コーキングを打って

板金を巻いて

金属のバンドで締めて完了!

最後に電気屋さんに

避雷針としてちゃんと

機能しているか測定してもらい

無事に復旧出来ました🎶

The following two tabs change content below.
大坂 智弘

大坂 智弘

大坂 智弘 おおさか・ともひろ 二級瓦技能士 石州瓦屋根工事部 職長 1976年生まれ。石州瓦の施工、塗装、左官などを得意とするプロフェッショナル。ものづくりが子どもの頃から大好きで、今も新たな技術、現場の経験を求めて研鑽を続けている。
大坂 智弘

最新記事 by 大坂 智弘 (全て見る)