はじめに

北一タカハシ建設は、北海道で神社仏閣の新築・修繕・増改築などを手掛ける宮大工の集団です。

宮大工を育て、技術を磨き、素材を見極めて、積雪寒冷地の神社仏閣にふさわしい性能と風格のある神社仏閣を80棟以上担当させていただきました。

初めての方は、まずこちらから閲覧お願いします。

宮大工

優れた神社仏閣を建て、維持するには、
腕の良い宮大工が必要です。

意欲ある若者を受け入れ、安心できる職場環境を整備し、学び実践する機会を与え、日本の伝統建築を創る宮大工を日々育成しています。

断熱

伝統建築を創る宮大工の技量と、
断熱・気密という現代の省エネ施工の力、

この両方を持ち、日々実践しているのが北一タカハシ建設の特長です。冬でも暖かく省エネな神社仏閣をご提案します。

耐久性
維持保全

伝統建築といえども、屋根、外壁、構造、基礎の経年劣化は進みます。まず新築時には耐久性の高い素材や構造を選ぶことが大切です。

その後の適切な診断、メンテナンスや増改築が数百年もの長い間、丈夫で輝きを保ち続けるために欠かせません。