会社概要

北一タカハシ建設について

北一タカハシ建設 社訓:「国宝とは何ものぞ宝とは道心なり 道心ある人と名づけて国宝となす 『一隅を照す』 此れ則ち国宝なり」(天台宗総本山比叡山延暦寺聖訓)

ご挨拶

北海道の伝統建築を創るために
北一タカハシ建設 代表取締役
  
高橋 一彦

北一タカハシ建設は、北海道で神社仏閣の新築・修繕・増改築などを手掛ける宮大工の集団です。
1999年の創業以来、80棟を超える北海道・東北の神社仏閣を担当させていただきました。

写真:代表取締役 髙橋 一彦

1400年の歴史がある宮大工

宮大工は、推古14年(606)建立の飛鳥寺、推古15年(607)の法隆寺など国宝級の伝統的木造建築をはじめとする、神社仏閣などの建築や補修を専門とする大工です。師匠から伝承された木材の目利きや、墨付け、刻み、彫刻などの技を駆使し、全国各地の神社仏閣からの要望に応じ、美しく風格があり、丈夫な伝統的木造建築物を数多く建ててきました。

北海道内にも神社仏閣が2,000棟以上あると言われます。優れた神社仏閣の多くは、北海道開拓の時代に本州の宮大工が出張で建てた建物です。伝統建築をよく理解し、技量の高い宮大工の技は神社仏閣の建築、補修には欠かせませんでした。

北海道の神社仏閣には
「断熱」「気密」が不可欠

しかし北海道の神社仏閣には、北海道特有の大きな課題があります。北海道の厳しい寒さへの対応力です。冬に法事などで神社仏閣を訪れた方が、本堂室内で床の冷たさやすきま風に、身体の芯まで冷え切ってしまう。何とか寒さを和らげようと暖房をフル稼働させるので光熱費が莫大になる。寒いから冬のお寺には足が遠のく…それは北海道の神社仏閣が「断熱・気密」を取り入れていないからです。

本州の宮大工は、断熱・気密のスキルは持っていませんでした。本州なら冬の寒さは厚着と我慢で何とかできたのかもしれませんが、北海道の真冬の寒さは、我慢で何とかできる寒さではありません。

そこで北一タカハシ建設は、木材加工や彫刻など宮大工の技だけでなく、屋根・壁・窓・基礎などに断熱・気密施工を行うほか、冬季の積雪や凍結を克服できる瓦屋根の導入など、北海道の神社仏閣にふさわしい技量を持った宮大工の育成に取り組んできました。真冬でも暖かく省エネなお寺に、住職や檀家の皆さまは大変喜んでいただいております。

北海道にも宮大工はいます

「北海道にも宮大工がいるの?」と驚かれることがあります。北海道の大工は冬場に仕事が減るので失業しやすく、宮大工の育成は困難な条件にあります。しかし北一タカハシ建設は、冬場は木材の加工を作業場で行い、春から秋まで現場施工を行う体制を組んで宮大工を社員として通年雇用し、ベテランの宮大工が若い宮大工見習いを教え育ててきました。毎年、宮大工を目指す若者が当社の門を叩いてくれます。

冬でも暖かい、
避難所にもなる神社仏閣を

「お寺や神社に断熱するなんて初めて聞いた」とも言われます。しかし、冬でも暖かく省エネな神社仏閣は、高齢の方にも、環境にも優しく経済的でもあります。冬季に大きな災害が起きれば、断熱の効いていない体育館と違い、地域住民の命を守る拠点としても大きな役割を果たすことができます。

北海道の厳しい気候風土に耐えうる神社仏閣を建てる北海道髄一の宮大工集団、北一タカハシ建設は、今後も技術の伝承、向上に真摯に取り組んでいきます。

社寺建築施工経歴

平成10年度 ・曹洞宗 東川寺 本堂会館庫裏新築工事 (東川町)
・日蓮宗 日弘寺 御堂新築工事 (夕張市)
・浄土真宗本願寺派 願正寺 本堂新築工事 (夕張市)
平成11年度 ・真宗大谷派 淨徳寺教会 増改築工事 (札幌市)
・曹洞宗 常照寺 会館向拝新築工事 (訓子府町)
平成12年度 ・浄土真宗本願寺派 報恩寺 本堂新築工事 (温根湯町)
平成13年度 ・真宗出雲寺派 本光寺 本堂改築工事 (旭川市)
・曹洞宗 常禅寺 伽藍新築工事 (札幌市)
平成14年度 ・浄土真宗本願寺派 専証寺 本堂新築工事 (鷹栖町)
・真言宗智山派 地蔵寺 本堂増築工事 (札幌市)
平成15年度 ・浄土真宗本願寺派 極楽寺 本堂新築工事 (中川町)
・真宗大谷派 静円寺 本堂新築工事 (美深町)
・浄土真宗本願寺派 安楽寺本堂改修工事 (札幌市)
・日蓮宗 法華寺 本堂屋根改修工事 (江別市)
・浄土真宗本願寺派 真正寺 本堂改修工事 (厚真町)
平成16年度 ・浄土真宗本願寺派 安楽寺本堂改修工事 (札幌市)
・浄土真宗本願寺派 真正寺 庫裏住宅新築工事 (厚真町)
・妙珖寺総合移転本堂新築工事 (札幌市)
平成17年度 ・曹洞宗 廣心寺 本堂庫裏増築工事 (札幌市)
・真宗大谷派 永泉寺 納骨堂新築工事 (石狩市)
・日蓮宗 日顕寺 本堂、広間改修増築工事 (当別町)
・真宗大谷派 静円寺支院 新築工事 (札幌市)
平成18年度 ・曹洞宗 禅峯寺 本堂、納骨堂改築工事 (夕張市)
・真宗大谷派 永泉寺 旧納骨堂外壁修繕工事 (石狩市)
・真言宗 新正寺 位牌納骨、会館新築工事 (小樽市)
平成19年度 ・曹洞宗 廣心寺 納骨堂増築工事 (札幌市手稲区星置)
・日蓮宗 経王寺 本堂水廻り増築工事 (札幌市豊平区)
・真宗大谷派 明因寺 向拝柱入替工事 (枝幸町)
・真宗三門徒派 東照寺本堂移転新築工事 (札幌市東区東雁来)
平成21年度 ・日連宗 経王寺 庫裡改修工事 (札幌市豊平区)
・真宗三門徒派 東照寺 鐘楼堂新築工事 (札幌市東区)
・真宗三門徒派 西照寺 庫裡会館新築工事 (長沼町)
・古神道 神理教 千鳥破風向拝増築工事 (士別市東1-6)
・曹洞宗 天瑞寺 支院向拝新設工事 (札幌市中央区南26)
平成22年度 ・日蓮宗 光傳寺本堂屋根他修繕改修工事 (室蘭市港北町)
・真光札幌澄川 神殿工事 (札幌市南区澄川)
・曹洞宗 瑞英寺 鐘楼堂新築工事 (白糠郡白糠町)
・曹洞宗 万松院 本堂高欄取替工事 (三笠市)
・浄土真宗本願寺派 法城寺 会館修繕工事 (むかわ町)
・日蓮宗 経王寺 本堂修繕改修工事 (札幌市豊平区)
平成23年度 ・浄土真宗本願寺派 真宗派 本堂会館修繕工事 (札幌市手稲区手稲)
・日蓮宗 妙法寺 総合移転新築工事 (三笠市いちしきり)
・曹洞宗 万松院 本堂内佛花頭窓枠工事 (三笠市)
・日蓮宗 経王寺 本堂大黒天ひな壇工事 (札幌市豊平区)
平成24年度 ・浄土真宗本願寺派 真宗寺 本堂大改修工事 (札幌市手稲区)
・真宗大谷派 法含寺 本堂新築工事 (旭川市東神楽町)
・浄土真宗本願寺派 教覚寺 本堂大改修工事 (夕張郡栗山町角田)
平成25年度 ・浄土真宗本願寺派 覚王寺 鐘楼堂新築工事 (札幌市北区新琴似)
・曹洞宗 瑞現寺支院 本堂新築工事 (札幌市南区川添)
・法華宗陣門流 北海寺 本堂屋根修繕工事 (札幌市中央区)
平成26年度 ・曹洞宗 松源寺 位牌堂建替え工事 (青森県西津軽郡鰺ヶ沢)
・日蓮宗 光傳寺 庫裏1、3階改修工事 (室蘭市港北町)
・日蓮宗 日顕寺 永大供養塔東屋新築工事 (当別町)
・曹洞宗 瑞現寺 高欄取替え工事 (札幌市南区石山)
・法華宗陣門流 北海寺 本堂屋根修繕2期工事 (札幌市中央区)
・日蓮宗 経王寺 本堂大規模修繕工事 (札幌市豊平区)
平成27年度 ・曹洞宗 松源寺 本堂建替え工事 (青森県西津軽郡鰺ヶ沢)
・曹洞宗 龍澤寺 本堂新築工事 (札幌市北区新川)
・法華宗陣門流 北海寺 本堂屋根修繕3期工事 (札幌市中央区)
・日蓮宗 経王寺 本堂大規模修繕工事 継続 (札幌市豊平区)
平成28年度 ・日蓮宗経王寺 本堂大規模修繕工事(札幌市)
・曹洞宗松源寺 庫裏建替え工事(青森県)
・真言宗豊山派 長高寺 客殿建替え工事(岩見沢市)
・浄土真宗静福寺 納骨堂 須弥壇・内佛工事(鷹栖町)
・日蓮宗妙法寺 小屋裏増築工事 (三笠市)
・真宗出雲寺派本光寺 庫裏外装・内装改築工事 (旭川市)
・曹洞宗大聖寺 地下改修工事(栗山町)
・浄土真宗本願寺派真宗寺 屋根他改修(札幌市)
平成29年度 ・静福寺鐘楼堂 修繕工事(鷹栖町)
・曹洞宗最乗寺 本堂大規模改修工事(網走市)
・千歳神社手洗舎 新築工事(千歳市)

会社概要

商号 株式会社北一タカハシ建設
所在地 〒003-0876 
北海道札幌市白石区東米里2058番地42
電話 011-872-6640 
フリーダイヤル: 0120-959-450
FAX 011-872-6646
設立 平成11年4月
資本金 9,500,000円
年商 250,000,000円
代表者 代表取締役 髙橋 一彦
従業員数 14名
建設業許可 北海道知事許可(般)石第16551号
宅地建物
取引業者
免許番号 石狩(1)第7787号
保有資格 厚生労働省認可 財団法人 職業技能振興会認定 古民家鑑定士1級
取引銀行 北洋銀行 白石中央支店/北洋銀行 札苗支店/北海道銀行 札苗支店/北陸銀行 豊平支店

アクセスマップ